古民家鑑定所株式会社

トップ > 物件一覧 > エリア:奈良市 > 物件 003

  月ヶ瀬梅林入口の高台に建つ築200年以上の古民家

地元 月ヶ瀬村史によると、江戸時代後期の漢学者 頼山陽(らいさんよう)が梅林見物に来た時にこの家に立ち寄り、この地からの眺望に感嘆し「萬玉亭」という書と、高さ50センチもある大瓢箪を残したという歴史ある物件です。

宅地が約265坪、建物西側に約1140坪の山林が付いています。

屋根、水回りを中心に全面リフォームが必要です。

現状では駐車場がありません。石垣の一部を撤去し、離れを解体すれば駐車場として利用できます。

エリア 奈良市 価格 580万円 土地面積 4643.99㎡

物件検索

状況

  • 建物外観

  • 建物内(梁)

  • 台所土間

画像をクリックすると拡大します。

 

まずはお気軽にご連絡・ご相談ください。

0743-58-5851