古民家鑑定所株式会社

代表者の故郷である京都府相楽郡(南山城村、和束町、笠置)、木津川市、奈良市周辺の物件しか原則取り扱っておりません。 それは、地域との付き合い、風習などまで熟知している物件しか取扱っていないからです。 取扱っている古民家と、その地域についてはだれよりも詳しいと自負しております。 気になることなどございましたらなんでもお気軽にお尋ねください。

物件 005

状況:成約済
  周囲を見下ろす高台に建つ古民家

高台に建つ古民家です。二階建の母屋と、平屋の建物、二棟からなる物件です。

二階建ての母屋は雨漏りしており屋根全体の補修が必要です。

車の進入路は隣の家の敷地内を通ることになり、通行のための地役権が設定されています。

水回りを含め全体にリフォームが必要ですが、柱、梁等の主要躯体はしっかりしています。

 

物件 001

状況:成約済
  家の南側には建物が一切なく田園風景が広がる眺望を独り占めできます

保存状態の良い平屋の古民家です。
全面道路より石垣を組み一段高い場所に建っているので一日中陽があたり明るく開放感があります。
建物西側に畑がついています、自分たちの食べる分は十分にまかなえる広さです。
家から約2キロの場所に原野になっている土地が484坪付いています、もっと広い畑をしたい方はそちらを開墾していくこともできます。
広い道路に面しているので運転に自信の無い方や大型車に乗っている方でも心配することなく生活できます。

物件 004

状況:成約済
  建物の規模、土地の広さ どちらも田舎にしてはコンパクトな物件です

母屋は現在雨漏りしており屋根の全面葺替えも考える必要があります。

水回りもそのままでは使えないので改装工事が必要です。

柱、梁などの躯体は地元の松や檜が使われており、ゆがみも少ないので古民家再生のための素材として考えてもらう物件です。