古民家鑑定所株式会社

先日、東京のお客様にご縁をいただいた古民家。リフォーム工事中に床下から出てきた昔の囲炉裏の跡。

DSC_5116

 

築年数が200年以上は経っている古民家ですが柱や梁の骨組みの歪みや傾きは少ない方です。ただ北東側柱の根元数カ所が腐っていたので根継ぎ(柱の足元の腐食部分をカットして、新材へ入れ替える方法)をしてジャッキで柱を上げながらレベルを水平に戻していきました。

 

DSC_4016

建物裏側の屋根は傷みがひどく

 

DSC_5113

しっかりとリフォームをしている最中です。