古民家鑑定所株式会社

今日から8月がスタートです。

不動産業界では例年8月は物件が動きにくく、成約件数も少ないといわれています。しかし古民家などの田舎不動産の場合は都市部の動きとは違って、時期によって忙しくなったり暇になったりすることはありません。新築建売住宅は新しく建てて造り出せるので、物件売却の時期などを1月から3月の繁盛期に合わせることが出来ます。が、古民家の場合は新しく造り出すことは出来ないので、物件と出会えた時が購入の時期になります。転勤や転校に合わせて年度替わりの4月1日までに入居したくても、物件と巡り合えなければどうしようもありません。

年々状態の良い古民家の数は減少しています、一つでも多くの古民家を一人でも多くの方にご紹介できるようにしていきたいものです。