古民家鑑定所株式会社

朝から雨の一日でした。今日は以前から売却相談を受けている古民家の雨天時の現地確認のため、南山城村まで行ってきました。

 

晴れの日にしか物件を見ていないと、土地の排水状況や地形の欠点、屋根の状態が分からないので、必ず雨の日にも物件を確認するようにしています。この物件は敷地北側が一段高くなっていて敷地に雨水が落ち込むのが特に心配だったのですが、側溝を入れれば問題ないレベルで安心しました。

 

この時期は気候も良いので、晴れの日はどの物件を見ても良く見えます。古民家など田舎の物件は天気の良い時よりも、むしろ天気の悪い時に見るほうが状態がよくわかります。