古民家鑑定所株式会社

以前に売却した奈良市柳生町の物件にあった釿(ちょうな)です。現在では製材機などの登場により、ほとんど使わなくなりましたが、宮大工さんなどは今でも柱や梁の表面を荒くはつったりするのに使います。釿(ちょうな)ではつった木材の表面には凸凹した模様が出て独特の風合いになります。

 

DSC_7780

 

かやぶき古民家の梁などには釿(ちょうな)ではつった跡がよく見れます。