古民家鑑定所株式会社

伊賀市島ケ原の販売物件近くにある観菩提寺は俗に正月堂と称し、天平勝宝3年(751年)に聖武天皇の勅願寺として創建され、奈良東大寺の実忠和尚によって開創された由緒あるお寺です。毎年2月の旧暦の正月に修正会と呼ばれる行法を東大寺のお水取り(修二会・しゅにえ)に先駆けて行い、ここ正月堂の修正会が発祥の地ともいわれています。

 

DSC_7588  DSC_7592

 

楼門、本堂、33年に一度しかご開帳されない本尊の十一面観世音像は国の重要文化財に指定されています。