古民家鑑定所株式会社

耕作放棄地になっている土地を処分したいという相談があり南山城村へ。その耕作放棄地、田や野菜の畑ではなくて茶畑でした。お茶の木も放っておくと2メートル以上の高さになり、元の状態にして新たに耕作するためには一度お茶の木を根元から抜いてしまう必要があり、田畑の耕作放棄地の倍以上の労力がいります。

 

27.10.14 (3)

 

下の写真は普段あまり見ることがない、お茶の花とお茶の実です。お茶はツバキ科に属しているので椿の花そっくりです。実は熟してくると茶色になり中から3個ぐらいの種が出てきます。耕作している茶畑では見ることは出来ません。

 

27.10.14