古民家鑑定所株式会社

今日、和束町で茶農家を営んでいる知人と久しぶりに会いました。一番茶の出荷が終わりひと段落した様子で、昨日茶の中刈りを終えたとの事でした。

 

中刈り?

 

たまに見かける枝がむき出しになった茶畑、これが中刈りした状態です。

 

28.6.25

 

全ての茶畑を一度に中刈りするわけではありませんが、知人の場合5年から7年ぐらいのローテーションで順番にやっていくそうです。

 

一番茶を摘んだ後に茶畑を深く刈り込む事で樹勢を回復し、来年の一番茶により良い新芽が育つようにするための大事な作業で、いわば茶畑の若返り方法だそうです。

また、年々茶が高くなり摘みとりが大変になるため、中刈りする事で茶畑が低くなり作業しやすくなるメリットもあるそうです。