古民家鑑定所株式会社

相楽郡や奈良市だけの問題ではないのですが、いわゆる耕作放棄地が南山城村にもたくさんあります。耕作放棄する理由は色々あるのですが、何年も耕作しないでいると、耕作地に戻すのにはかなりの労力がいります。そんな放棄地を借りて無農薬・無化学肥料で高品質な野菜を作っている京都のベンチャー企業が村の放棄地を借りるため、地権者に説明会を開くということで、昨日の夜に私も参加してきました。

放棄している土地を利用し、荒れた状態を元に戻して耕作していくとの事なので、私個人としては賛成するつもりです。

 

CIMG5297

 

 ただ生産効率を上げるために、まとまった広い土地を確保しなければならず、そのために多数の地権者の同意を得る必要があるので、色々調整が必要です。

 

話しが終わって夜の9時過ぎ、南山城村から柳生への抜け道でシカの群れに遭遇してビックリです。

 

DSC_6588

 

耕作放棄の理由の一つに、シカやイノシシなどの獣害がある事をあらためて思い起こしました。