古民家鑑定所株式会社

昨日の日経新聞の一面に「耕作放棄地に新税」との記事が載っていました。新税で耕作放棄地の固定資産税を上げて所有者に手放すように促すとの事です。

新税の対象となるのは、それほど荒れておらず耕作地への再生が比較的容易な放棄地とし、中山間地などの再生には難しい放棄地は対象にはならない見通しとの内容です。

まだ検討段階でこれから詰めていく部分は多いとは思いますが、再生できる出来ないの線引きをどのようにするのか、まただれが判断するのか非常に難しい問題のように思います。その点は日経新聞にも「新税を導入してもどの土地にかけるか判断できない恐れもある」と書いてありました。

維持費が安いから放棄地を持っているという田舎の所有者は少数です。手放したくても手放せないのが理由です。まして転用するための値上がり目的で所有しているというのは都市部の所有者だけです。

実務に携わる者としていつも思うのですが、いっそ農地法を改正して一般の方への所有権移転を緩和し、農地を売買しやすくする方が効果的ではないかと思います。