古民家鑑定所株式会社

先日、売却相談された相楽郡和束町の古民家の内部です。

荷物もたくさん残っていて処分に時間も費用も掛かりそうなのですが、注目してほしいのは荷物ではなく屋根の裏側です。これは竹野地といって屋根板が木材ではなく竹を並べて板の代わりにした野地です。明治後期から大正初期ごろまで盛んにされていたようで、この古民家も築100年ぐらいは経っていると思われ、ちょうどそのころに建てられたと思われます。