古民家鑑定所株式会社

伊賀市島ケ原の物件にある離れの土壁が傷んでいて、壁の中から竹小舞が見えています。土壁の下地を小舞といい、通し貫を絡めて細かく割った竹を縦横の格子状にしゅろ縄などで編んだものが竹小舞です。古民家では当たり前の伝統工法なのですが、最近では石膏ボードを下地に使うので、あまり見ることが無くなりました。

 

DSC_7754