古民家鑑定所株式会社

先日、南山城村の役場の方々と滋賀県下のいくつかの自治体の地域おこし協力隊の方々に同行し、南山城村にある空家を見て回りました。

 

現状では住めない家、荷物などの動産がそのまま残っている家、農地法など、細かい問題は多々あるのですが、利用方法によってはまだまだ活用できそうな物件がいくつかありました。

 

日本全国で空家問題が取り上げられて、各自治体も既存の空家で利用できるものを再利用しようという動きが動き始めています。

田舎の場合、空家にしていても賃料収入を目的にすぐに賃貸物件に出したり、すぐに売却してもらえることはまずありません。所有者本人の一存だけで決める事はなく、親戚縁者の意見も重要な要素になってくる事も多いためです。

 

田舎での空家活用がなかなか進まないのには、説得する人が多く、意見がまとまらないというのも大きな理由の一つです。