古民家鑑定所株式会社

今日は会社の経理をお願いしている会計事務所との打ち合わせでした。会社を運営していると、どうしても税金を意識する機会が増えます。とくに不動産を扱う場合は諸々の税金が掛かり、主なものだけでも領収書や契約書に貼る印紙、不動産取得税、登録免許税、固定資産税、法務局や市役所で公的機関が出す書類への印紙など、細かいものも合計していけばそこそこの金額になります。

東京オリンピックに向けて2500億円以上をかけ新たに国立競技場を造るなどの話が話題になっていますが、維持管理にも後々莫大な費用が掛かるそうです。個人的には同じ費用をかけるなら障害者施設や児童福祉施設などに長期的に費用を増やしていき、社会的に立場の弱い方へのサポート等に税金を使ってもらう方が有意義だと思うのですが。