古民家鑑定所株式会社

相楽郡では田んぼの稲刈りもどんどん進んでいき、毎年恒例の風景が目の前に広がります。

 

写真は稲架掛け(はさがけ)といって、刈り取った米を天日で自然乾燥する方法です。稲穂を逆さにしてじっくりと天日に晒し、じっくり時間をかけて乾燥させるので、稲全体の養分が米にあつまり熟成します。天日干し米は確かにおいしいのですが、手間がかかるので今は稲架掛けする農家も少なくなりました。