古民家鑑定所株式会社

奈良市月ヶ瀬石打には室町時代後期の土豪稲垣氏の居城だった言われている石打城跡が残っています。

 

28.7.14

 

鎌倉時代の石打周辺は奈良大安寺の所領で、荘園名主が幕府から地頭職に任じられていました。城主の稲垣氏に関しては明確な史料が伝わっていませんが、地頭か、それに準ずるような家系であったと推定されています。稲垣氏が田舎の小さな村の領主で歴史の舞台に現れることもなく、また江戸時代に火災により稲垣氏の古文書が焼失したこともあり、文献上に現れなかった城と言われています。

 

28.7.14 (3)  28.7.14 (6)

 

現地は少し荒れていますが、今でも堀切跡や主郭の周囲に土塁跡が確認できます。

 

28.7.14 (4)  28.7.14 (5)

 

城跡から見ると、石打地区の集落が南側に広がっている様子がよく分かります。

 

28.7.14 (7)