古民家鑑定所株式会社

伊賀市島ヶ原で販売している物件の和室の様子です。和室6畳に1間(けん)幅の床の間と脇床、半間(はんげん)の仏間と標準的な間取りです。正面から見ているだけでは分からなかったのですが、横から見て気が付きました。

 

 

初めて見る狆くぐりです。

 

 

材料は柿です。柿は非常に割れやすくて加工しにくいためこのような場所に使われる事はほとんどありません。

狆くぐりというの床の間と脇床の間の壁にある開口部の事で、開いている位置によって洞口とか狆くぐりといいます。この物件のように床脇に地袋がなく、床の間と床脇の床板が同じ様な高さの場合は狆くぐりと言っています。