古民家鑑定所株式会社

古民家には火鉢がよく似合います。たいていの古民家には火鉢があるもので、寒い冬場に実際に火を入れて使ってみると案外暖かいものです。

写真の火鉢は奈良市興ヶ原町の物件にあるものですが今でも十分使えます。

私も最近知ったのですが、火鉢の数の数え方は『本(ほん)』(一本、二本)と数えるそうです。