古民家鑑定所株式会社

以前ご紹介した古民家の束石の状態です。古民家の基礎は現代建築のようにコンクリートを流し込んだり鉄筋を打ち込んだりするようなことはしていません。簡単に言えば、それぞれの小さい束石の上に古民家全体がのっている状態です。

よく古民家の耐震性について聞かれるのですが、そもそも古民家は現代の建築基準法とは考えが異なっており、住宅の骨組みを基礎に完全に固定して倒壊を防止するという考えで造られていません。基礎に固定しない状態にしておくほうが大きな地震が来た場合の力を吸収、分散できるという考えです。

今で言うところの、制震装置とか免震装置に通ずる考えを持って建築されています。大きな地震が来た場合、束が束石から外れ揺れを吸収して建物の倒壊を防ぐという発想です。

 

古民家には先人が生み出した知恵と工夫がたくさんあり、今でも十分通用するものだと思います。