古民家鑑定所株式会社

今日の夕方、笠置町の木津川の河原でお茶を飲んで休憩しながら思った事です。

 

ここ何年かは古民家を欲しいというお客様が増えてきました。私の古民家を残したいという考えにも共感していただいて、お問い合わせも良く頂きます。古民家は先人の知恵が詰まった日本の気候に合った優れた建物で、その地域に合った方法で建てられています。

 

ただ、いい点ばかりではなく、冬の寒さ対策や、その古民家のある地域の事を理解しないと生活しづらい難しい面も出てきます。

 

物件を購入後の理想とのギャップが少ないように、お会いしたお客様には必ず、地域の事や物件の欠点をあらかじめ伝えています。良い面ばかりを見るのではなく、欠点や地域の事がお客様にとって理解できるのかを購入の判断材料にしてほしいと思います。