古民家鑑定所株式会社

奈良市月ヶ瀬にある古民家の建物内部の様子です。躯体である梁には大きな松が使われていて、江戸末期に建てられたそのままの状態が残っている貴重なものです。

 

 

チェック模様の化粧タイルは後から張ったものですが、今では低すぎる石の流し台なども当時のまま残っています。