古民家鑑定所株式会社

奈良市東部にある古民家で敷地内の庭木の伐採を先月から進めています。大きくなりすぎた木が建物に干渉し、落葉が雨樋を詰まらせていました。

建物を傷つけないようにクレーンを現場に持ち込んで慎重に作業を進めていました。1カ月弱ほどかかりやっと終わりが見えてきました。

 

 

ユニック付のトラックに伐採した木を上手に積み込んでいくのですが、生木なので嵩高く荷台がすぐ一杯になってしまいます。

 

 

去年の12月の状態では古民家の様子も外からは全く分からなかったのですが

 

 

築200年は経っていると思われる立派な大和棟の古民家がやっとその姿を現しました。