古民家鑑定所株式会社

木は南側から日が当たると暖かなため成長が促進され、年輪の幅も広くなる。だから年輪の幅が広くなっている方が南、狭い方が北である。よく言われる通説ですが、これは正しくはありません。

木の成長には様々な要因が関係するため、単純に方角だけで決まるわけではありません。むしろ地面の傾きや風に影響を受けやすいといわれます。

だからもし山の中で道に迷い、下山するために木を切って年輪を見ても、脱出できるとは限りません。