古民家鑑定所株式会社

伊賀市島ケ原にはかつての大和街道が通っており、山城国から伊賀国へ入る重要な関門で江戸時代には島ケ原宿があり宿場町として栄えていました。またこの街道は大和地方諸国の大名が参勤交代の折に利用する道であり、伊賀国と山城国を結ぶと同時に木津川の水運につながり、淀川を経て、下流の京都・大坂という二大都市、そして外洋へと続く重要なルートでもあったそうです。

その名残が村の所々に残っています。

 

DSC_7249  DSC_7251

 

DSC_7255  DSC_7248