古民家鑑定所株式会社

以前にも紹介した事のある南山城村北大河原にある大河原発電所は大正8年に建てられたもので、発電所と木津川沿い約2キロ上流にある取水堰も一緒に土木学会選奨土木遺産に認定されています。

 

28.1.22  28.1.22 (7)

 

木津川の蛇行をうまく利用し、取水堰でせき止められた水は取水口から約1キロほどの隧道を通り、山の裏にある発電所敷地内に引き込まれます。

 

28.1.22 (3)  28.1.22 (4)

 

敷地内に入った水は発電所上部にある水槽から流れ落ち、発電に利用されています。

 

28.1.22 (5)  28.1.22 (6)

 

堰堤、隧道、発電所などの施設が一体となって当初の姿を残している貴重なものだそうです。