古民家鑑定所株式会社

今日は午前中にコンピュータ化される以前の閉鎖謄本を閲覧するため木津川市の法務局へ。ある売主様からの依頼で公図上に同じ地番が2つあることが分かり事実関係を調べています。家の建っている宅地と、少し離れた畑が同じ地番になっています。幸い2つとも同じ所有者なのですが、畑の土地の登記簿謄本がありません。

最終的には地番訂正していくしかないのですが、そのためには隣接地所有者立会いの下で境界確定を行い、面積を測量してから地籍更正しないといけないとの事。時間も費用もかなりかかりそうです。

今回の土地は農地で評価額も低くて売買金額も安くなると思われます。売却益がそれほど望めない土地なので、これから売主様と相談しないといけません。