古民家鑑定所株式会社

土壁は乾燥によって年々痩せていき、壁と柱との間に隙間ができてしまいます。その隙間が出来るのを防止するために、『散りじゃくり』といって土壁に接する柱などの木材に溝を入れ、乾燥しても隙間が出来ないようにしています。

ただ、築100年以上の古民家になると『散りじゃくり』をしていてもある程度の隙間は出来てしまいます。特に上下の隙間は出来やすいようです。