古民家鑑定所株式会社

以前販売した古民家から出てきた唐傘です。竹の骨組みに油紙を張ったもので、開くときにはバリバリと音がします。商家などで番号を付けてお客さんに貸したりしたことから番傘とも呼ばれています。

 

 

実際にも使えますが、古民家カフェやギャラリーなどにオブジェとして置いておくと良い雰囲気が出そうです。