古民家鑑定所株式会社

木津川は古くからこの周辺地域の物資運搬の大動脈でした。南山城村には北大河原と南大河原に船荷を積み下ろしする浜があり、江戸時代の北大河原の浜では、伊賀上野や近江信楽から陸路で運ばれた木柴や炭などの物資をこの浜で高瀬舟に積み替えて笠置の浜まで下り、笠置から伏見、大阪へと運んで行ったそうです。

 

DSC_5957

 

場所はちょうど山城谷川と渋久川とが木津川に合流するあたりです。