古民家鑑定所株式会社

昨日は木津川市にあるJR加茂駅でお客様と待ち合わせ、物件の売却についてのご相談を受けてました。待ち合わせまで時間があったので久しぶりに駅周辺の様子を見て回りました。

 

加茂駅西口

DSC_5793 

 

ちょうど大和路線の電車と関西本線の列車が止まっていました。

DSC_5798

 

この駅から奈良方面は電化区間になり電車の本数も増えます。南山城村や他の相楽郡(和束町、笠置町)から大阪方面へ通勤される方は加茂駅まで車で来て、この駅から電車に乗って行かれる方もけっこうおられます。前にも書きましたが始発駅になるのでゆっくり座れます。ちなみに加茂駅から奈良駅まで約15分、大阪市内の天王寺駅まで約50分ほどです。

 

駅自身が明治時代からあるので、周辺にはけっこう歴史的価値のあるものが残っています。

 

DSC_5795

 

 駅の西側にあるレンガ造りの建物は1897年(明治30年)に完成した加茂駅開業当時からの建物だそうです。オランダ積みの赤レンガ造りで切妻屋根の倉庫としては珍しく、機関車の前照灯や客室の照明用に使用されていたランプの石油類の給油、保管用に使用されていたそうです。

 

古民家ではないのですが古い建物にすごく魅力を感じます。今のどこにでもある画一的なものと違い、建物一つ一つに特徴があるので面白いです。古民家もそうですが、とくに明治、大正時代のレンガ造りの建物は少なくなってきているので、手入れをしながら残していってほしいものです。